2012年02月21日

2月20日の行動。

shinbashiact-2012-02-21T14_05_06-1-thumbnail2[1].jpg
shinbashiact-2012-02-21T14_05_06-2-thumbnail2[1].jpg

>大飯原発ストレステストは認められない!院内集会と経産省前。怒りがすごい。
新橋アクションデモの飛び入り参加者多数と合流。チラシ300枚受け取り良好!
posted by 新橋アクション at 14:05| 東京 ☀| Comment(0) | 再稼働情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

「大飯が動けば、他も動く…。本丸・東電・柏崎刈羽原発7号機が再稼動にむけて大きく動き出す」

 「週間東洋経済2012・2・18」によると

 原発が再び動き出す。
 先週、定期点検中の関西電力・大飯原子力発電所3、4号機が4月にも再稼動すると報じられた…
……
 早期の原発再稼働は極めて困難と予想されていた。4月の原子力規制庁発足、7月の事故調査・検証委員会の最終報告を経て、ようやく調整が始まるとものと見ていた。が、…。
 問題は大飯ではない。大飯が動けば、他も動く。本丸東電・柏崎刈羽原発7号機が再稼働に向けて大きく踏み出す…。


 と彼らは、分析しています。

 東電の国有化などが報道される中、その裏で一体何が進行しているのか。東京電力こそが、福島原発事故を引き起こしておきながら、再び原発の再稼働を狙う最大の黒幕。
 新橋アクションは、ますます、東京電力の福島原発事故の責任を追及して、行動を起こし、東電の悪行をあばき、追い詰めることが必要な情勢が来ていると、感じています。新橋アクションは、東電のお膝元・新橋で活動を強めていきます。みなさん、よろしく!!

 2月20日は、関西電力・高浜原発3号機が停止。
 3月26日は、東京電力・柏崎刈羽原発6号機が停止。
 4月末日   北海道電力・泊3号機が停止。

 新橋アクションの行動予定は、
 2月24日 学習会 「原発事故と裁判所の責任」
 3月11日 「原発はいらない 福島県民集会」 福島・郡山へ
 3月26日 第8弾 東電直撃デモ
       ちょうど、柏崎刈羽原発6号機の稼働停止の日。再稼働の悪あがきに断を!!
       東電に直接、抗議の声をたたきつけましょう。
   
posted by 新橋アクション at 10:59| 東京 ☀| Comment(0) | 再稼働情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

2月24日「原発事故と裁判所の責任」講師:高山俊吉弁護士

 2月24日 第3回 講演会 「原発事故と裁判所の責任」

 講師の高山俊吉弁護士が執筆なさっている「最高裁はいかに原発推進政策を支えてきたか」(『序局』)を紹介します。

 『最高裁はいかに原発推進政策を支えてきたか』
                      高山俊吉
 
……原子炉の「設置取り消し」や「運転の差し止め」などの最高裁判決。
 【高速増殖炉もんじゅ・福井県・日本原子力研究所開発機構】 
 【伊方原発・愛媛県・四国電力】
 【福島第二原発・福島県・東京電力】
 【志賀原発・石川県・北陸電力】
 【東海第二原発・茨城県・日本原子力発電】
 【もんじゅ】
 【柏崎刈羽原発・新潟県・東京電力】
 【志賀原発】
 どれも、住民の請求を否定し、退ける判断の連続。そして、下級裁判所のほとんどすべての原発訴訟は、最高裁の論理と結論に見事なまでに追従し、住民の要求に背をむけた姿勢をとり続けている…… 
 
 ★問題の最高裁判決は、どれくらいひどいものなのか?

 詳しくは講演会でお聞きください。どなたでも参加できます。ぜひ、お友達といっしょにいらして下さい。
 また、新自由主義と対決する総合雑誌『序局』をお買い求めください。 
  

  
posted by 新橋アクション at 17:33| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

2月20日 ストレステストで大飯原発「妥当」の次は、伊方原発が……

 福島原発事故を反省するまでもなく、伊方原発の再稼働は、その前提すらない。
 2月20日、ストレステスト、伊方原発の「判断」を打ち砕こう!!
   2月20日 12:30〜院内集http://t.co/JqZAGGhs
   15時〜18時 経済産業省前へ http://t.co/vjN3EJnD

◎伊方原発ー日本最大の活断層「中央構造線」線の上に建設

 
★1996年高知大学・岡村眞教授
「原発からわずか6キロの沖合いで2本の活断層を発見。東西2本に別れた活断層が同時に動いた場合、その延長は55キロメートル、M7・6の地震を予測」
「過去に2000年周期で大地震を起こしてきた形跡があり、この地震が発生すれば最大級震度7、最大加速度1000ガルが予測される」

★2003年 政府の地震調査委員会
「佐田岬半島(伊方原発の位置する岬)付近の130キロメートルの断層が動く可能性があり、M8クラスはありえる」

 これに対し、伊方原発・2号機建設時まで「この地域は地震が少ない」、200ガルの揺れの想定した設計でしかない。
 阪神大震災で、450ガルに引き上げ、2006年に570ガルに。
 愛媛県の防災予測マニュアルでは、M7.8を想定するように企業に指導している。これは地震エネルギーで比較した場合、四国電力の想定の2倍。
 保安院も原子力委員会も四国電力の安全基準で十分と判断してきた。

                        『福島原発メルトダウン』広瀬隆氏より

◎〈紹介〉
  斉間満
  『原発の来た町』
  原発はこうして建てられた
  伊方原発の30年 
SaimaIkataBook.pdf
posted by 新橋アクション at 11:39| 東京 ☀| Comment(2) | 再稼働情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

滋賀で大飯原発反対で集会/2・4

福井・大飯原発:3、4号機再稼働 ストップへ500人集会−−大津 /滋賀
 ◇デモで関電支店囲む
 定期検査後の再稼働へ手続きが進む関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)について「運転再開を止めよう! 関西びわこ集会」(同実行委主催)が4日、大津市におの浜1のピアザ淡海で開かれ、約500人が参加した。集会後、近くの関西電力滋賀支店を取り囲む形でデモ行進し「原発を止めろ」などと声を上げた。

 日本の原発54基のうち稼働中は3基で、再稼働がなければ4月末には全て停止する見通し。主催団体の一つ「グリーン・アクション」(京都市)のアイリーン・美緒子・スミス代表は「大飯原発は脱原発社会が開かれるための肝心要」と訴えた。

 福島県南相馬市から京都府綾部市に避難中の井上美和子さん(42)は「原発受け入れは後の世代まで責任を負わなければいけない。再稼働前に国とせめて健康調査の約束を」と話した。再稼働反対の署名は4日現在4万3229人分集まり、今月末に関西2府5県の知事に提出する予定。

 関西電力は昨年10月、大飯3号機に関して安全評価(ストレステスト)の結果を全国で初めて経産省原子力安全・保安院に提出。同4号機の結果も同11月に提出し、保安院は今年1月に安全評価を妥当と判断した。

 足大原発ストレステスト「妥当」を打ち砕こう! 2月20日 12:30〜院内集http://t.co/JqZAGGhs   15時〜18時 経済産業省前へ http://t.co/vjN3EJnD
posted by 新橋アクション at 11:41| 東京 ☁| Comment(0) | 再稼働情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。