2012年03月13日

「原発いらない!3.11福島県民大集会」報告

「原発いらない!3.11福島県民大集会」報告 
3.11からちょうど1年目の特別な日。郡山市の開成山野球場には、福島県内や全国から集まった人たちでオープニング・コンサートが始まる13時頃には通路までびっしりと人で埋め尽くされた。
 集会が始まると、集まった1万6000人が固唾を飲んで発言者の話に聞き入る。これまでも集会の発言に心を動かされることは数多くあったが、この集会ほど言葉のひとつひとつが胸に突き刺さることがこれまでにあっただろうか。
 もちろん、加藤登紀子のコンサートは素晴らしく、大江健三郎の連帯の挨拶は文学者の誠実さがにじみ出る心温まるものだった。しかし、何よりも胸に響いたのは、原発事故によってそれまでの生活が一変した県民の悲痛な訴えだった。
「逃げる、逃げない」「食べる、食べない」「洗濯物を外に干す、干さない」「子どもたちにマスクをさせる、させない」あの日以来、苦しい選択を強いられる毎日、避難先との二重生活、住宅ローンの重圧がのしかかると訴えたお母さん。
 福島の農民をまるで加害者のように報道する大手マスコミ。マスコミが追求すべきは原発を推進してきた電力会社や国で、農民ではないはず。農業と原発は共存できない。必要なのは『がんばろう!日本』ではなく『変えよう!日本』だと訴えた農民。
 半年くらいたてば漁に出られると思っていたのに、いまだに漁に出ることができない。漁師の仕事は海の瓦礫の清掃ばかり。市場で夫がとってきた新鮮な魚を売る活気あふれる仕事をしたい、福島の美味しい魚をふたたび全国のみなさんに届けたいと訴えた浜通りの漁業者の妻。
 原発事故ですべてを失った。農民は避難所にいてもやることがない。高線量の場所に放っておかれ、放射能まみれの水道まで飲まされた。死の灰をまき散らしておいて放射能は無主物という。放射能は火山灰ではない、明らかに人災だ。東電と国はきちんと責任をとってください、2度と事故を起こしてはならない、風化させてはならないと訴えた飯館村の農民。
 人の命が守れないのに電力とか経済と言っている場合ではない。私たちの未来を一緒に考えていきましょうと訴えた高校生などなど。
 東日本大震災の起きた14時46分の黙祷をはさんで6人の福島県民が「原発いらない」の思いを訴えた。東京で反原発のデモに参加する人たちも「原発いらない」という気持ちは変わらないのかもしれない。しかし、福島の人たちの「原発いらない」は生命の危険と日々向き合う、命がけの叫びだ。この思いの強さはやっぱり現地に来なければわからない。
 これまで東京で反原発の運動に参加してきたつもりになっていたが、福島のお母さんや農民、漁民、高校生の悲痛な訴えに応えるにはまだまだ不十分なのだ。福島の人たちとさらに連帯を深めるには、東京での反原発の運動をもっともっと巨大なうねりにしていかなくてはならない。
(丸田 潔/フリーライター&編集者)
120311_1553~002.jpg


posted by 新橋アクション at 08:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

3・11 「さよなら!原発」福島県民大会・集会宣言

3・11集会宣言
            2012年3月11日 原発いらない!3・11福島県民大集会

 あの忘れられない3月11日から1年がたちました。

 放射能の大量飛散という原発の大事故が、どんな災厄をもたらすのか、身をもって知らされました。15万もの人々が県内外に避難、6万人を超える県民のうち2万人近い子供たちが県外に転出。9つの地方自治体が役場の移転、存続すら危ぶまれている町がある。農地の除染の見通しはたたず、漁業はいまだ操業の自粛が続いている。観光地は風評によって大打撃。汚染地帯から避難した人々の多くは狭い仮説住宅などでの生活、いつ帰れるとも知れない不安な日々を送っています。

 今、何よりも必要なのが、放射能の除染です。しかし除染によって生じる汚染土壌や瓦礫など、数十年にわたってそのような除染物と隣接して暮らすのは、福島県民にとってあまりに理不尽かつ過重な負担です。

 私たちの耐え難いのは、住民同士の間で生まれているさまざまな分断と対立です。子供たちを友達から引き離して自主避難する家族の苦労、福島にとどまって生活する家族の心理的ストレス。避難する人としない人との間に、あるいは家族の中にすら、時に埋めがたい溝が生まれています。「なぜ食べてくれない」と農家は消費者を恨み、「なぜそんなものを作る」と消費者は農家を責めます。住民同士、親同士、あるいは農家と消費者の間にあった「人間の絆」を、ズタズタに裂いてしまっているのがこの放射能被害です。
(略)
 今回の事故の責任をもっとも多く担うべきは、いうまでもなく東京電力と国です。
 事故の責任主体である電力会社と国が今、しなければならないのは、事故の収束と被害の補償、そして地域の復興に全力を挙げることです。ところが東京電力はむしろ損害賠償の範囲をできるだけ狭くし、また国は、事故原因の解明さえまだ途中であるにもかかわらず、国内全原発の停止による電力不足の方に関心を向け、停止中の原発の再稼働を図ってる。

 事故の被害がすでに過去のものとなったかのように扱われるのは、福島県民にとって何より耐え難いことです。被災地への帰還に一体何年かかるのか、放射能による健康被害への不安、福島県民であることによって子供たちが受けるかもしれない社会的な差別への不安もつのります。

 「原発はいらない!」これは、みずから被害者となった福島県民の痛切な叫びです。私たちは生活の質を変えてでも、その危険を避けなければならない。それが今度の事故の示す教訓です。
(略)
 とりわけ私たちは首都圏の皆さんに訴えます。福島原発は、東京電力の原発です。その福島原発事故は、私たちの力で何としてでも全て廃炉に追い込みます。しかしまだ、東京電力には新潟の原発があります。青森の原発も建設途上。原子力発電の復興の鍵を握っているのは、電源立地地域だけではありません。電力を大量に消費する大都市住民の「生き方」が正面から問われているのです。

 「原発はいらない!」私たちはいま、全国民に向け、高らかに宣言します。ひとたび起これば、きわめて広範囲に取り返しがつかない被害を及ぼし、人々や地域から未来を奪ってしまう放射能被害を、二度とこの国土に招いてはなりません。私たちはすべての心ある人々に呼びかけます。福島の犠牲を断じて無駄にしないために、ともに「原発はいらない!」び声を大きく挙げましょう。 

3・11集会宣言.doc
posted by 新橋アクション at 18:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

311『さよなら、原発』福島郡山集会-写真

会場は1万6千人でうめつくされた。
『原発はいらない』とキッパリと宣言。福島県民の発言が、心に突き刺さる。
『原発さえなければ』『頑張ろう』ではなくで『変えよう』日本。

shinbashiact-2012-03-12T08_53_51-5-thumbnail2[1].jpg

野球場の内野席はぎっしり。
特に、参加者は福島県の6人の発言に感銘していました。(後で報告します。)

120311_1553~002.jpg


120311_1555~001.jpg

新橋アクションののぼりを立ててデモに出発!!
学習会へ参加してくれた方など、多く人と再開しました。「参加してよかった!」

120311_1600~001.jpg

新橋アクションは、昨年5月から新橋で反原発の行動をはじめ、311をどう迎えるか、議論してきました。福島の怒りとつながろう、東電に責任をとらせよう、そして、3月11日の福島の集会を成功させたいと。今日の集会は、本当にすばらしかったと思います。3・11集会の成功を東京・新橋の地にも広めて、さらに大きな運動を作り出しましょう
 *3・11に参加して『感想』など投稿をお願いします。

次は、3月26日(月)『東電のすべての原発が止まる日、二度と稼働させないデモ』を成功させましょう!!
posted by 新橋アクション at 08:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

柏崎刈羽原発の危険性

 東京電力の福島原発事故の責任を問い、再稼働の候補にあがっている新潟・柏崎刈羽原発の危険性と事故との関連について、ものを申していきたい!!投稿歓迎!!

★地震が起きなくても、いつ大事故がおきるかわからない危険な原発が柏崎刈羽原発だ!!
 再稼働なんてとんでもない!今すぐ廃炉に!!

以下、広瀬隆さんの「福島原発 メルトダウン」より (引用)

【柏崎刈羽原発ってどんな原発?】

 福島原発第1、第2と同じく、柏崎刈羽原発からその地域への電力供給はされない。
 1985年に1号機が稼働。現在7機の原子炉があり、その出力を合計すると、「世界最大の原子力発電所」。
 この原発は、地震や事故による運転停止が多く、2007年の中越沖地震では、変圧器が火災を起こす大ダメージを受けた。

【2007年中越沖地震で大変な事故が…】

 中越沖地震……沖合で発生したM6・7の中型の地震。最大の震度を記録した長岡市で震度6強。しかし、原発の敷地内では、「震度7という異常な揺れ」を記録。激しい陥没、建屋の土台がむき出しになり、コントロールルームの職員がたっていられなったというほどのダメージを受けた。
 もともと石油の産出するところであるので地盤は軟弱。かつ、「真殿坂(まどかさか)断層」がずれて、原発をのせたまま敷地全体が動いたので、激しく揺れた、と東洋大学の渡辺満久教授は、指摘している。

柏崎@.jpg

土台がむき出しになった建屋
柏崎C.jpg

3号機の火災を起した変圧器(上)渋滞する道路・柏崎市(左下)構内の地盤沈下(右上)6号機クレーンのジョイント破断(右下)
柏崎D.jpg

地震発生後、原子炉の真上にあったクレーンの車軸二本が破断!! 

  (資料は、広瀬氏『原子炉時限爆弾』より拝借)

 全原発は運転停止。運転再開までに、2年を費やし、2011年4月に4基が運転し、2012年3月では、うち3基が定期点検に入り、現在6号機のみが稼動中。3月26日にはすべて定期点検で運転停止状態に入る。
 
 中越沖地震をうけて、多くの科学者らが、「運転再開は危険である」と警告していた。

 ● 想定の3倍以上の力がかかった金属部分など内部に見えない歪みが生じている可能性があるが、東電は、10台ある再循環ポンプなど2台だけを目視(ファイバースコープ)し、「すべて健全」とした。
 斑目春樹(当時、経産省が設けた「中越沖地震における原子力施設に関する調査・対策委員会」委員長!!)が、『地震によって原子力圧力容器などで発生したひずみ』を無視し、運転再開を主導。


 ●そもそも東京電力は、「真殿坂断層」は死んだ断層だ、として、建設を着工。

 ●耐震基準をこれまでの5倍にあげたが、数字をあげただけ。補強工事といっても限界があるから、信用できるものではない。

 ●さらにつぎつぎと新たな活断層も見つかっている。

 ●そして、最高裁は、住民の「中越沖地震で活断層を見落としていた国の安全審査を問題にし、原子炉の設置許可の取り消しを求めた」訴えを、「中越地震で司法(下級)の判断をかえる必要はない」と退けた。09年12月に東電は、停止していた原発を再開した。

★中越沖地震を教訓化することが出来たなら、福島原発事故を防ぐことは出来たのか?!東電の責任は重い。しかしそれだけではない。当時、私も事故のことを記憶していた。同時に、原発を問題にする『重さ』に負けてしまっていた自分が思い出される。今、再びそのことが問われている。絶対に、柏崎刈羽原発の再稼働をとめよう!3・11福島現地から、3・26東電直撃デモを全力で!(KM) 
  
posted by 新橋アクション at 20:26| 東京 ☁| Comment(0) | 再稼働情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

検証:小出さんが東電を斬る!!

これは見逃せない!!
2月28日 民間事故調の調査 東電拒否「応じないというのは恥ずかしい会社だ」小出裕章(MBS)
2012年2月28日(火)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

テーマは……。

・福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)の調査報告書について言及。東電が調査を拒否したことについて
・原子力安全・保安院が、福島第一原発1号機の非常用復水器の配管の設計変更があったことを放置していたことについて
東電ら電力会社3社が、文科省に巨大津波への警戒の表現を変えるように要求し、それを文科省は受け入れていたことが判明したことについてhttp://hiroakikoide.wordpress.com/2012/02/29/tanemaki-2012fe28/
posted by 新橋アクション at 23:16| 東京 ☁| Comment(0) | 東電の責任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。