2012年04月02日

茨城で「さよなら原発」3100人集会(4/1) 連帯して、大飯原発再稼働絶対阻止 4・27東電直撃デモへ

東海第2を廃炉に=脱原発集会に3100人−茨城(時事通信4.1)

 運転停止中の日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の廃炉を求める集会が1日、原発から約3キロ離れた同県ひたちなか市の笠松運動公園で開かれた。実行委員会によると、県内外から約3100人が参加し、茨城の脱原発集会では過去最多という。
 「さよなら原発4.1大集会inいばらき」と題し、水戸市の弁護士や医師らが中心になって開催した。呼び掛け人の一人の田村武夫茨城大名誉教授(69)は「(東京電力福島第1原発事故で)原発避難者はいつ地元に帰れるか分からない。究極的な人権破壊だ」と呼び掛けた。

 (東京新聞)
 集会の呼びかけ人は代表の田村武夫・茨城大学名誉教授は、
「福島の次の災害は老朽化した東海第二ではないか。再稼働させないよう国を追い詰めよう」
 廃炉の意志を表明している東海村の村上達也村長は、
「国際社会への使命として日本中の原発を止めなければならない」とメッセージ。
 警戒区域内の福島県富岡町から水戸に避難する主婦木田節子さんは、
「眠ろうとすると頭の中に帰れなくなった我が家の様子が浮かぶ。目覚めて避難先のアパートの天井をみるとむなしくなる」と実体験から脱原発を訴えた。
               
 毎日新聞の世論調査によると、大飯原発再稼働反対は62l、安全審査「不十分」84l。(4/1)
 安全な原発などありません。福島事故の大惨事は今も進んでいる。二度と繰り返さないために、大飯原発の再稼働を絶対止めよう。そして原発をすべて廃炉に。

 4月27日(金)「再稼働絶対阻止! 原発を完全にとめるデモ」をやろう!みんな来てね。

 
posted by 新橋アクション at 11:05| 東京 ☀| Comment(0) | デモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。