2012年04月19日

4.27東電、関電 直撃デモ チラシ

posted by 新橋アクション at 14:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「再稼働対応に批判相次ぐ」(国会事故調) だが、「再稼働はダメ」とは言わない!

 国会事故調 再稼働対応に批判相次ぐ
4月19日 5時13分 K10045540011_1204190512_1204190524
関西電力大飯原子力発電所の運転再開を巡る野田政権の対応について、18日夜開かれた国会の原発事故調査委員会で、委員から安全性の確認が不十分だという批判が相次ぎ、黒川委員長は「この国の原子力の安全が守られるのか大いに不安になった」と述べ、懸念を示しました。

国会の原発事故調査委員会は、18日夜、経済産業省原子力安全・保安院の深野院長を参考人として招き、野田政権が関西電力大飯原発の安全性を最終的に確認し、運転再開の必要性があると判断したことについて質疑を行いました。
この中で、深野氏は「われわれが持ち合わせている情報と能力で、できるかぎりのことはしたつもりだ。最後は政治レベルで判断した」と述べました。
これに対し、委員からは「津波だけが福島第一原発の事故原因と断定できない。どうして地震対策が再稼働の条件の中に組み込まれなかったのか」とか、「事故対応で拠点となった免震重要棟の整備が平成27年度中となっている点は十分ではない」などとして、安全性の確認が不十分だという批判が相次ぎました。
委員会のあと、黒川委員長は記者会見で、「政府の安全基準は、原発の安全を確保するのに十分なものか疑問が残る。本当にこの国の原子力の安全は守られ、国民の健康を優先した安全規制が実施されるのか、大いに不安になった」と述べ、懸念を示しました。

【コメント】
 先日、福井県の原子力安全委員会が「事故対策が先送りされており、再稼働すべきでない」といい、現地調査をした後には、その発言を全てひっくり返し、新安全基準を追認する発言をした。
 国会の原発事故調査委員会の批判と懸念がどういうものなのか。再稼働反対で政府の再稼働あり気の政治への批判をかわすためのものである可能性は否めません。なぜならば、彼らは、原子力村の一員ですから。
 再稼働阻止の正念場です。頑張りましょう】

 4月27日(金)
  やはり、東電の福島原発事故の責任を徹底的に追及しよう。それが再稼働を阻む道!
  東電直撃デモ 第9弾 関電・東京支店も直撃
       17:30〜 JR新橋駅SL広場 リレートーク
       18:30〜 桜田公園からデモ出発 19時くらいに東電本社到着 
posted by 新橋アクション at 07:48| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東電顧問は、90万円/月  福島の人に払われた賠償金は、一人8万円ではなかったですか?

信じられない腐敗 東電の経営陣こそ処罰せよ!
418東京−4-1.jpg


418東京−3-1.jpg


418東京−3-2.jpg


 上の記事とは対照的に、ひどく低い賠償額に愕然としたことを思い出しました。

【12月6日の原子力損害賠償紛争審査会で原発からおおむね50kmの23市町村の住民に対し、自主避難したかにかかわらず、一律に賠償金を支払い、妊婦らには40万円とするなど賠償指針を決定されました。賠償額は、被曝(ひばく)による影響が大きいとされる18歳以下の子どもや妊婦が1人40万円、それ以外は8万円。更新日: 2011年12月07日】

 原発事故で生きるか死ぬか、という目に合っている人と、自ら事故を引き起こして、のうのうとしている人々。こんなことが、許されていいのでしょうか。

 東電の福島原発事故の責任は、どれほど深いものか、東電の隠された実態を暴き出して、経営陣とそれに連なるやつらを裁かなければならない。
 福島原発事故は、今なお、4号機をはじめ深刻な事故に脅かされている状態。そういったことをすべて覆い隠すように、再稼働を急ぐ政治の流れがあり、そのことが、さらに福島の人々を犠牲にしている。
 二度と福島原発事故を起してはならない。
 4月27日(金)東電直撃デモをたたかおう!
     17:30〜 JR新橋駅SL広場
     18:30〜 桜田公園出発






posted by 新橋アクション at 00:19| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。