2012年04月27日

2012年04月26日のつぶやき

shinnbashiact / 原発とめろ!新橋アクション
『町民から不安の声相次ぐ(おおい町説明会)
新安全基準はデタラメ 再稼働やめろ!
本日 4・27 関電・東電抗議デモ!』原発とめろ!新橋アクションのブログ|http://t.co/sWKnizhm
 at 04/26 12:17

shinnbashiact / 原発とめろ!新橋アクション
『明日(4・27)のデモコール 練り上げました!!』原発とめろ!新橋アクションのブログ|http://t.co/6KYIoZlF at 04/26 01:51

shinnbashiact / 原発とめろ!新橋アクション
『2012年04月25日のつぶやき』原発とめろ!新橋アクションのブログ|http://t.co/K3N1kXNP at 04/26 01:36
posted by 新橋アクション at 19:01| 東京 ☁| Comment(0) | 福島原発事故の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

町民から不安の声相次ぐ(おおい町説明会) 新安全基準はデタラメ 再稼働やめろ! 本日 4・27 関電・東電抗議デモ!

<大飯原発>再稼働で説明会開く 町民から不安の声相次ぐ
毎日新聞 4月26日(木)21時44分配信

 定期検査のため停止している関西電力大飯原発3、4号機の再稼働問題で、立地自治体の福井県おおい町は26日夜、町民向けの説明会を同町総合運動公園体育館で開いた。町民約8800人のうち546人が出席し、柳沢光美副経済産業相らが再稼働の安全性と必要性について説明。住民からは安全性に対する不安の声も相次いだ。 原発再稼働を巡り政府が住民に直接説明するのは初めて。再稼働の可否を判断するにあたり、住民が政府から直接説明を聞く必要があるとして、町が要望していた。

 説明会への参加は安全確保を理由に町民に限り、会場に金属探知ゲートを設けるなど厳重な警戒が敷かれた。

 説明会で、ある男性は事故時の拠点となる免震事務棟が未完成であることに触れ、「建ててから再稼働の話をしてもらいたい。原発が動かないことによる雇用問題にも緊急対策をしてほしい」と求めた。別の男性は「この地域は地震と無縁ではない。想定以上の揺れが来たらどうなるのか。大飯原発の下に活断層があるのかどうかの検証なくして再稼働はありえず、あまりに拙速すぎるのではないか」と指摘した。

 また、無職の男性(55)は取材に「周辺自治体の了解なく再稼働させたら、『加害者』の立場になる。『そんなに原発マネーがほしいか』と言われたくない」と話した。

 時岡忍町長は終了後、「私自身としては安全を大前提に(再)稼働できればと思う」と従来の主張を改めて述べたが、町としての判断については、「住民の理解が得られたかどうかは議会の意見を聴いて判断したい」などと話すにとどめた。
posted by 新橋アクション at 07:17| 東京 🌁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。