2012年06月05日

大飯原発再稼働反対!

官邸前に市民2700人6/1
http://www.youtube.com/watch?v=n33z0SfoGUs


◎山本太郎さん「福井切り捨てるか」 原発相と知事の会談合わせ会見
福井新聞ONLINE 6月5日(火)12時6分配信

20120605-00000303-fukui-000-0-thumb.jpg

会見で大飯原発の再稼働反対を訴える山本太郎さん(中央)ら=4日、福井市内のホテル
 細野豪志原発事故担当相と西川福井県知事との会談に合わせ、脱原発活動家で俳優の山本太郎さん(37)が4日、環境保護団体グリーンピース・ジャパンとともに福井市内のホテルで会見した。「政府は福井県民を切り捨てるつもりか。大飯原発の再稼働を止めないといけない」と訴えた。

 山本さんは「県民には加害者にも被害者にもなってほしくない」と強調。関西の一部首長が夏季限定で再稼働を認める発言をしていることに「経済界と有権者、両方にいい顔をする詭弁(きべん)だ。一度動かしたものを止められるはずがない」と主張した。

 福井市のレゲエ歌手SING J ROY(シング・ジェイ・ロイ)さん(37)も同席し、「県民の声が政府に届いていない」と現時点での再稼働に反対した。会見後は県庁前で再稼働反対派の活動に加わった。

 山本さんは市内で宿泊し、5日以降に県議や本県選出の国会議員と面会する調整を進めている。
posted by 新橋アクション at 15:40| 東京 ☀| Comment(0) | 再稼働情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大飯原発再稼働・絶・対・反・対!

国と県、依然隔たり=首相の対応に不満―関電大飯再稼働めぐり福井知事
時事通信 6月5日(火)6時0分配信
 関西電力<9503>大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をめぐり、同県の西川一誠知事は4日、説明に訪れた細野豪志原発事故担当相に対し、野田佳彦首相が再稼働に責任を負うことを明確にするよう引き続き求めた。原発の重要性を国民に再認識してもらい、多くの原発を抱える福井県の貢献をさらに訴えたいとの狙いも見える。
 西川知事は4日の記者会見で「目先の問題ではない」「短期の需給のみ(の話)ではない」と繰り返した。国のエネルギー政策と再稼働の位置付けが明確になっていないことにいらだちが表れていた。
 「最終責任者は私だ」。野田首相は4日の再改造内閣発足の記者会見で、自らの責任で再稼働を判断する姿勢を強調した。その上で「安全性をしっかり確保して(国民の間に)心配が起こらないように万全を期したい」と語った。
 しかし、この首相会見は再改造内閣発足に伴うものであり、原発再稼働問題に関してはこれ以上言及しなかった。西川知事には物足りない対応だ。今夏の深刻な電力不足に迫られる形で再稼働を決断しようとする政府の姿勢にも不満を持っている。 

【コメント】
 福島事故の責任追及、および真相、原因さえ究明されず、大飯原発の安全性も何もない。再稼働ありきの政府と福井県知事、経済界などは、すべての前提を欠いている。この一点で、絶対に妥協してはいけない。
 5月16日つけの東京新聞では、「04年12月のスマトラ沖地震の時、インド南部のマドラス原発2号機で海水ポンプが一時で電源を機能を喪失したことをうけ、保安院と電力会社は06年1月から勉強会を開いた。が、東電は福島原発1の5号機に14メートルの津波がくれば、タービンに海水がはいり、電源設備の機能の喪失する可能性があると文章をまとめたが、何もしなかった!」と報じている。
 こうした事が、繰り返されるのは、目に見えていないか?誰が責任をとるのか?
 現在も、福島原発事故は、まったく収束していないのだ。再稼働絶対反対!行動にたとう!

【6月6日】「さようなら原発1000万人署名」第一次集約集会
◎日時:6月6日(水)
    17:30 開場
    18:00 オープニングコンサート寿[kotobuki]
    18:30 開会
    19:30 パレード出発
◎場所:日比谷野外音楽堂(地下鉄霞が関駅徒歩5分)
◎発言:呼びかけ人から 鎌田慧さん、他/賛同人から 佐高信さん/各地の署名取り組み報告/大飯原発再稼働について
◎パレードコース:日比谷野音〜東京電力本社〜銀座〜鍛冶橋(予定)
※夜の集会・パレードになりますので、光り物などをご持参ください。

【6月10日】反原発・反失業
 国鉄1047名闘争勝利! 反原発、被災地と結びつき、労働運動を再生を!
20120610b (1).jpg
posted by 新橋アクション at 07:42| 東京 ☀| Comment(0) | 再稼働情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。