2012年08月22日

福島第1原発>男性作業員が心肺停止 病院搬送後に死亡 

  毎日新聞 8月22日(水)20時50分配信

 東京電力は22日、福島第1原発で作業していた男性が心肺停止となり、福島県いわき市の病院に救急搬送されたと発表した。県警によると、男性は57歳で同日午後に死亡した。東電は「倒れた原因は不明だが、被ばく線量から放射線の影響ではない」としている。同原発の収束に当たった作業員の死亡は、東電の把握分で過去に4例ある。

 男性は22日午前9時過ぎから、全面マスクと防護服を着用し、作業員5人と汚染水貯蔵タンクの増設に従事した。同50分ごろ、熱中症対策で休憩室で休んでいたが、まもなく体調不良を訴えた。午前10時35分ごろ、別の作業員が意識不明の状態で倒れているのを発見した。

 男性は昨年8月から第1原発で勤務し、22日は1週間の休暇明けだったという。被ばく線量は同日で0.03ミリシーベルト、累積で25.24ミリシーベルト(暫定値)。【阿部周一】

*「倒れた原因は不明だが、被ばく線量から放射線の影響ではない」となぜ言えるのか?
  東電は答えてみろ!
posted by 新橋アクション at 22:20| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野田首相「脱原発依存が基本」=大飯中止せず―市民団体と面会

野田首相「脱原発依存が基本」=大飯中止せず―市民団体と面会
2012年8月22日(水)16:15
 野田佳彦首相は22日午後、反原発市民団体「首都圏反原発連合」の代表者11人と首相官邸で面会し、国の原子力政策について「基本的な方針は脱原発依存だ。中長期的に、原子力に依存する体制を変えていく」と述べた。首相は関西電力大飯原発(福井県おおい町)の再稼働について理解を求めたが、団体側は運転再開中止を訴え、議論は平行線に終わった。

 団体側は、(1)大飯原発の運転再開中止(2)現在検査のため停止している全原発を再稼働させない(3)全原発廃炉への政策転換―を求める要求書を提出。その上で、大飯原発再稼働に関して「多くの反対意見を踏みにじり、言語道断」と非難した。さらに、政府が国会に提示した原子力規制委員会の人事案の撤回も要求した。 

[時事通信社]

野田はゆるせん! 今、週金曜日も、首相官邸前へ!
posted by 新橋アクション at 16:26| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9割が原発ゼロ支持=エネルギー政策の意見公募―政府

9割が原発ゼロ支持=エネルギー政策の意見公募―政府
2012年8月22日(水)15:16
 政府は22日、エネルギー政策に対する国民の意見を検証する専門家委員会の初会合を開催し、パブリックコメント(意見公募)の内容を分析した結果、9割が原発ゼロを支持する意見だったことを明らかにした。政府はこうした意見を踏まえ、来月にも新たなエネルギー政策を策定する方針。

 政府の分析によると、寄せられた意見のうち89.1%が「原発は不要」と主張。原発依存度についても、81%が「即ゼロ」、8.6%が「段階的にゼロ」を求める内容だった。

 意見公募は7月2日から8月12日まで実施し、8万9124件の応募があった。22日の委員会ではこのうち7000件の意見を分析した結果を発表した。(時事通信)
posted by 新橋アクション at 16:24| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

【希望拡散】820 規制委人事問題:政府交渉に政府側が出席拒否!!

 【転送】
 20日に予定していた政府(内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室)は「市民の要請にいちいち反応することはできない」と出席拒否を通告してきたようです。
 国会議員には「この人事しかない」とせっせと足を運んでいたにもかかわらず、市民が3万筆の署名に回答することを拒む姿勢は、驚くべきものです。
 
 これが規制庁の対応かと思うと背筋がぞっとします。

 保安院でさえ、政府交渉には、よほどのことがない限り、来てくれていました。ひどい回答のものでしたが。

 20日は政府交渉ではなく、緊急集会と市民ロビーに切り替えます。

 原子力規制委員会人事の白紙撤回を!緊急集会と市民ロビー

 【20日の行動】
 今回の人事案は、福島原発事故を生み出した原子力ムラの中心人物を抜擢するものであり、「原子力ムラからの決別」「利用と規制の分離」「国民の信頼の回復」といった原子力規制委員会設置法の趣旨をふみにじるものです。

 原子力事業者の委員への就任を禁じた、原子力規制委員会設置法第7条第7項3号にも違反しています。

 政府は「過去3年間、原子力事業者等およびその団体、従業員であった者」「過去3年間、同一の原子力事業者等から個人として一定額以上の報酬等を受領していた者」を除くという規定を策定していますが、この政府基準にも違反しています。

 委員長候補の田中俊一氏は、(独)日本原子力研究開発機構副理事長時代には「もんじゅ」の推進を行い、原子力委員長代理時代には、原子力事業者との秘密会合に出席していました。福島原発事故の原因をつくった原子力推進行政の片棒をかついだ人物が、規制委員会の委員長に就任することは常識的にも許されません。

 
★署名継続中!まだの方、お急ぎください。
複数の市民団体が、原子力規制委員会の人事案白紙撤回を求める署名活動を行っております。
約38,000筆の署名が集まっています。
フォームはこちら >https://fs222.formasp.jp/k282/form2/

日時 2012年 8月20日(月)15:00〜17:00

14:30〜      衆議院第二議員会館ロビーにて通行証配布
15:00〜16:00 事前集会〜原子力規制委員会人事案に関する論点整理
16:00〜17:00 署名提出・政府交渉(予定、調整中)
場所 衆議院第二議員会館 多目的会議室 >地図
最寄駅:東京メトロ 永田町駅国会議事堂前駅
資料代 500円
テーマ
・人事案の違法性について:設置法第7条第7項違反との関係
・現在の委員候補の資質について
交渉相手:内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室(調整中)
主催 FoE Japan/福島老朽原発を考える会/原発を考える品川の女たち/
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
問合せ 福島老朽原発を考える会 阪上:090-8116-7155
FoE Japan 満田(みつた):090-6142-1807

※17:15〜17:45 参議院議員会館B108にて
  eシフトが、「市民が選ぶ、原子力規制委員会の委員」を発表します。こちらもどうぞ。

※18:00〜19:30 官邸前にて抗議行動を行います。ぜひご参加ください。
  詳しくはこちら >http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/817-384d.html

 
*時間のある方は、ぜひ駆けつけましょう。政府を逃がしてはならない。よろしく!(新橋アクション)
posted by 新橋アクション at 00:09| 東京 ☀| Comment(0) | 集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。