2012年08月20日

【希望拡散】820 規制委人事問題:政府交渉に政府側が出席拒否!!

 【転送】
 20日に予定していた政府(内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室)は「市民の要請にいちいち反応することはできない」と出席拒否を通告してきたようです。
 国会議員には「この人事しかない」とせっせと足を運んでいたにもかかわらず、市民が3万筆の署名に回答することを拒む姿勢は、驚くべきものです。
 
 これが規制庁の対応かと思うと背筋がぞっとします。

 保安院でさえ、政府交渉には、よほどのことがない限り、来てくれていました。ひどい回答のものでしたが。

 20日は政府交渉ではなく、緊急集会と市民ロビーに切り替えます。

 原子力規制委員会人事の白紙撤回を!緊急集会と市民ロビー

 【20日の行動】
 今回の人事案は、福島原発事故を生み出した原子力ムラの中心人物を抜擢するものであり、「原子力ムラからの決別」「利用と規制の分離」「国民の信頼の回復」といった原子力規制委員会設置法の趣旨をふみにじるものです。

 原子力事業者の委員への就任を禁じた、原子力規制委員会設置法第7条第7項3号にも違反しています。

 政府は「過去3年間、原子力事業者等およびその団体、従業員であった者」「過去3年間、同一の原子力事業者等から個人として一定額以上の報酬等を受領していた者」を除くという規定を策定していますが、この政府基準にも違反しています。

 委員長候補の田中俊一氏は、(独)日本原子力研究開発機構副理事長時代には「もんじゅ」の推進を行い、原子力委員長代理時代には、原子力事業者との秘密会合に出席していました。福島原発事故の原因をつくった原子力推進行政の片棒をかついだ人物が、規制委員会の委員長に就任することは常識的にも許されません。

 
★署名継続中!まだの方、お急ぎください。
複数の市民団体が、原子力規制委員会の人事案白紙撤回を求める署名活動を行っております。
約38,000筆の署名が集まっています。
フォームはこちら >https://fs222.formasp.jp/k282/form2/

日時 2012年 8月20日(月)15:00〜17:00

14:30〜      衆議院第二議員会館ロビーにて通行証配布
15:00〜16:00 事前集会〜原子力規制委員会人事案に関する論点整理
16:00〜17:00 署名提出・政府交渉(予定、調整中)
場所 衆議院第二議員会館 多目的会議室 >地図
最寄駅:東京メトロ 永田町駅国会議事堂前駅
資料代 500円
テーマ
・人事案の違法性について:設置法第7条第7項違反との関係
・現在の委員候補の資質について
交渉相手:内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室(調整中)
主催 FoE Japan/福島老朽原発を考える会/原発を考える品川の女たち/
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
問合せ 福島老朽原発を考える会 阪上:090-8116-7155
FoE Japan 満田(みつた):090-6142-1807

※17:15〜17:45 参議院議員会館B108にて
  eシフトが、「市民が選ぶ、原子力規制委員会の委員」を発表します。こちらもどうぞ。

※18:00〜19:30 官邸前にて抗議行動を行います。ぜひご参加ください。
  詳しくはこちら >http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/817-384d.html

 
*時間のある方は、ぜひ駆けつけましょう。政府を逃がしてはならない。よろしく!(新橋アクション)
posted by 新橋アクション at 00:09| 東京 ☀| Comment(0) | 集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。