2012年09月30日

【投 稿】京都からの便り

 京都からの便り  NK

180px-Yakushidake_from_Jiidake_2004-8-14.JPG

【雲ノ平、後方は薬師寺】
4年前の8月に北アルプス・雲ノ平で偶然にも知り合った京都市に在住の0氏から昨日、手紙を戴いた。0氏は深田100名山と200名山の完登は既に終了しており、今は300名山の完登を狙って、今夏は北海道の山々を登り、現在288座を登頂したと綴っていた。私より12歳も年上にもかかわらず、0氏の健脚ぶりに驚かされた。彼と出逢ったところは、私が深田久弥100名山を追っかけていたときで、場所は前日に薬師岳を登頂し、水晶岳に向かう途中の雲ノ平だった。出逢ったときは200名の名山完登を目指していた0氏は、この4年間でそれを終えて、300名山の完登間近の288座を登頂しているとは本当に驚いた。

180px-Kumonotaira_from_Suisyodake_2004-8-13.jpg

【水晶岳から見た雲ノ平】

 世の中にはすごい人が存在し、その人達に出会ったときには必ず自分の卑小さを思い知り、彼らに少なからず刺戟を受けた。数々の山を知ったのも、山で出逢った岳人達のかげによる。「あの山だ良かった!この山が良かった!」と聞けば、その山へ行きたくなった。そして、山の情報を得た後は、実際に自分もその山へ足を伸ばした。
 私よりも一回りも年上の0氏に出逢ったときにも、彼らから刺戟を受けたのは勿論のことだった。雲ノ平がら水晶小屋までのわずかな時間に話した内容は山だけではなく、社会全般に至るまで、見ず知らず同士の初対面にもかかわらず、いろいろな会話が成り立った。あかの他人同士でも会話ができるのも山のおかげであり、すぐに打ち解けて裸のままの自分をぶつけられる。勿論、相手によりけりだが…。
 
 0氏とは何を話したか忘れてしまったが、覚えているのはアフガニスタン・ペシャワール会の医師中村哲さんのことだった。どういう話の経過で中村哲さんの話題になったのか?今となっては思い出せないが、0氏はペシャワール会を知っていた。また私と同様に中村哲さんの生き方に賛同し、アフガニスタンの人々に対する米軍の殺伐行為に憤りを感じていた。良識を持っている人ならアルカイダ殲滅を口実に、アフガニスタンを爆撃し罪のない民衆を繰り返し殺伐しているアメリカに対しては当然のことだ。0氏と私はその他に関しても社会への観点が不一致していたので、意気投合した。彼とは水晶小屋までご一緒したが、私より先に水晶岳から200名の赤牛岳を登頂のために出発した。少し遅れてから私も水晶岳へ向かい、水晶岳山頂に立っていた彼にエールを送った。

300px-Mt_Suishou.jpg

【水晶岳】


 その0氏からの頼りには、300名山の登頂のほかに東京に在住の息子夫婦の4歳の子どもの尿にセシウムが検出されてのを機に、息子の嫁さんは私立女学校の教師を辞めて、京都市に住む0氏の近所に転居してきたことが書いてあった。そして0氏が関係する会報に投稿した「メルトダウン化する政治を糾す」という原稿が同封してあった。そこには原発を推進している政府の欺瞞性をあばき、反原発への思いと今後の指針などが載っていた。

 北アルプスで偶然に出逢った人と、私の思想信条・趣味そして行動がこれほど似ているとはただ驚くと同時に、強い連帯感が湧いた。山での出会いが、また私に歓びを与えてくれた。
             2012/9/26 
posted by 新橋アクション at 14:19| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

2012年09月27日

原発、来春再稼働に含み 伊方など有力候補

明日も再稼働反対! 首相官邸前行動に集まろう!!
原子力規制委員会・田中俊一の再稼働発言をうちくだこう!

【原発、来春再稼働に含み 伊方など有力候補】
 規制委員長「安全性満たせば考慮」2012/9/27付 日経新聞

 早ければ来春にも原子力発電所の再稼働が決まる可能性が出てきた。原子力規制委員会の田中俊一委員長は26日の記者会見で、新しい安全基準の骨格を今年度末までにまとめる考えを示したうえで、その時点で基準を満たす原発の「再稼働を考えたい」と述べた。政府のストレステスト(耐性調査)ですでに「妥当」と評価された四国電力伊方3号機などが有力候補だ。

 田中氏は就任時に安全基準の骨格をまとめる時期は明言していたが、今回初めて再稼働の時期に言及した。田中氏は「原子炉を長く止めればトラブルが起きやすいのは承知している」と指摘。耐震性を高める補修工事などをすでに終えた原発については「早く安全性を判断できる」とも述べた。

 再稼働の最有力候補となるのは伊方3号機だ。旧経済産業省原子力安全・保安院の耐性調査で唯一、「妥当」との判断が示されており、ほかの原発より安全性を確保しているとみられる。北海道電力泊1、2号機、九州電力川内1、2号機などは「大筋で妥当」との評価で、有力候補に挙がっている。田中氏は記者会見で伊方3号機が来春にも再稼働する候補になるかを問われ、「想像に任せる」と述べるにとどめた。

 規制委が再稼働を判断する前提条件は大きく2つある。

 1つは原発事故が起きた際の対策指針。規制委は10月に今の指針を改定し、住民の避難区域の拡大などを盛り込む。原発周辺の自治体は規制委が出した指針をもとに、来年3月までに独自の地域防災計画を作る。

 2つ目が大飯原発の再稼働に使った暫定基準に代わる新しい安全基準だ。自治体の防災計画、新しい安全基準の骨格はともに来年3月ごろにまとまる。

 田中氏が来春の再稼働の可能性に言及したのは、来年3月に2つの条件がそろうためだ

 再稼働の時期が最短でも来春以降になる可能性が高まったことで、冬に向けて暖房需要が高まる北海道では厳しい節電を求められる。北海道電力は泊原発の全停止が続き、火力発電所の故障を考慮すると、今冬の節電要請幅は夏の7%の約2倍に上ると試算する。北海道経済連合会など道内の経済4団体は近く、冬の電力供給の確保と、泊原発の早期の再稼働を求める緊急要望書を政府に提出する。

 田中氏は「電力需給まで判断すると、規制委が何をやっているか分からなくなる」と強調。安全性に特化して判断する方針を改めて示した。
posted by 新橋アクション at 23:28| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

 大飯をとめろ 再稼働阻止! 各地の行動

▲大飯原発阻止行動の記録


▲首相官邸前と国会正門前


▲伊方原発、再稼働阻止!愛媛県庁前行動


▲佐賀県庁前


▲千葉


▲再稼働年内困難ではなく、永遠にやめるべき。新たな安全基準をめぐる闘いを始めよう!

posted by 新橋アクション at 11:27| 東京 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

921 首相官邸前と文科省前抗議行動

文科省前 「福島集団疎開裁判」の訴えと文科省抗議
120921_1756~002.jpg


120921_1805~001.jpg

去年子どもの38%に甲状腺の異状が見られたが、今年は、40%を越える子供たちに異状が見られた。一国も早く、疎開をさせないといけない、署名と10・1の仙台での疎開裁判の応援を訴えていらっしゃるところ。

120921_1805~002.jpg


郡山のモニタリングは、2種類。以前は0.49マイクロシーベルト/時間を表示していたものを、文部科学省が新たに違う会社のモニタリングポストを設置。0.29マイクロシーベルト/時間を表示した、という文科省の犯罪をあばく寸劇です。
120921_1835~002.jpg


首相官邸前 「再稼働反対!」を叫び続けるたくさんの人々
120921_1928~001.jpg


120921_1929~001.jpg


120921_1929~002.jpg


120921_1929~003.jpg


120921_1930~001.jpg


山本太郎さんが、「子供たちに今すぐ避難を」と訴えておれらた。
120921_1956~002.jpg


 *ぼやけた写真は、来週からは、きれいな画像になる予定です。デジカメをゲットしました!!!(M)
posted by 新橋アクション at 20:32| 東京 ☁| Comment(0) | デモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。