2012年10月23日

10月30日 第13弾 東電・関電直撃デモ

 福島第一原発・事故現場では、東電と原発の生き残り政策の中、福島県出身者で6割の占める原発労働者にしわ寄せと矛盾が集中している。経営再建、経費削減が、なぜ、原発労働者の首を絞めることになるのか。本末転倒している。
 原発事故の責任は、経営陣にある。使命感を持って、この事故の処理にあたる原発労働者をなぜ、大事にしないのか?廃炉作業をやる気はあるのか!東京電力は、腐りはてている。あまりにひどい。

10・23東京.jpg


●福島第一原発事故の責任をとれ! 事故は収束していない!
●福島を切り捨てるな! 子どもを守れ!
●新潟県・柏崎刈羽原発再稼働絶対反対!
●原発労働者の使い捨て許さない! 雇用と安全を保障せよ!
●闘う労働組合を作り出そう!
posted by 新橋アクション at 16:44| 東京 ☔| Comment(0) | デモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。