2012年10月08日

『ドイツから見たフクシマ〜反原発運動から学ぶ』9/5

 講師は小林和彦さん(ドイツ在住30年)
3・11以降、原発の廃止を訴えて、ヨーロッパと日本の懸け橋となって、
日本の現状を訴えている。
日本は地震大国、いつまた大きな地震がおきるかわからない。
断層の上に原発が立っているところもある。
次に大きな地震がきたら日本は放射能で壊滅的なことになる。
2030年代なんて言っていられない、時間がない、どんなことをしても
みんなで力を合わせて、原発を止めよう。 






posted by 新橋アクション at 09:50| 東京 ☀| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。