2012年02月13日

ストレステスト意見聴取会の中身

2,8ストレステスト意見聴取会の「傍聴」報告
   ― 何としても再稼働させてはなりません ―
                    さよなら原発みなと 佐藤れい子

2,8ストレステスト意見聴取会の「傍聴」に参加しました。
 本会議は経産省本館の17階 国際会議室で行われ、傍聴は別館1階115号室、別館のゲートも通らせない有様でした。しかも傍聴会場はとても狭く、椅子が所狭しと並べられマスコミと傍聴人で一杯でした。前回1,18の時も不思議に思ったのですが一般傍聴人とは明らかに違う人々が多数を占めていました。
 前回も傍聴者は別室でしたが、その部屋のほとんどがダークスーツの男性で、皆押し黙ってただ座っているように見えました。後で聞くと電力会社関係の人達と経産省のプレートを付けた人達だったようです。
 今回も同様ではなかったかと思います。隣の男性は居眠りしていましたし、前の男性は資料の関係のないページをパラパラとめくっているだけでした。
 そして肝心の傍聴の様子ですが、全体が映された映像のみであたかも静止画面を見ているかのようでした。発言者の判別もつかず、いかにも形式的に傍聴会を開催しましたとのアリバイ作りが見え見えです。

 そんな中、後藤さんと井野さんはそれぞれにこのストレステストの欺瞞を追及されました。
井野さんは「ストレステストは方法論を始め まだ発展途上だ。しかも去年の12月末までに2次評価を出すということになっているのに事業者がやっていない。保安院もそれを催促していない。再稼働を急ぐあまり1次テストのみで評価を得ようとしている」
後藤さんは「事故が起きる条件は無限にある。まだまだ検証しなければならない問題がたくさんある。役所は質問に対してまともに答えていない。その事が福島原発の事故の原因でもある。それがすごく気になる。努力しているからそれでいいと認めてくださいと言い換えている。いかに安全性の議論になっていないかだ。」など明らかに他の委員とは違う突っ込んだ意見を述べられました。

 更に後藤さんは傍聴会のあり方にも言及され「同室で、開かれた傍聴があってこそ信頼が得られる。次回からはルールを決めて同室傍聴にすべきである。」と書面で意見を出し会議でも発言されました。
 委員会終了後、後藤さんと井野さんは傍聴室を訪れ立ったままでの報告会となりました。今日の質問にまだ答えが無いので次回もこの論議は続くという見解だと言うことでしたが、夜のニュースではもう『<大飯原発>保安院審査書、安全評価「妥当」』と流れました。

 保安院は何があろうとも予定通りに進めるだけといった姿勢です。責任なんて頭にありません。その証拠に「最後は政治判断だ。」とか「決定は大臣が行う」「保安院は合格とは言っていない」と最後は逃げ口上です。

 今日は大飯原発の再稼働の事案だけかと思っていたら、議題に四国電力の伊方発電所3号機に関する一次評価についてとあり現にこの件でも論議されました。資料には その他関西電力美浜3号機、高浜1号機、更には九州電力の玄海2号機、川内1・2号機のストレステスト評価結果についての報告も添付されていました。
 再稼働に向けて着々と進行しています。大飯でも美浜でも高浜でも伊方でも玄海でも川内でもどこでもいつでも再稼働できるように準備されています。このままでは再稼働は必至だと思わざるを得ません。1ヶ所再稼働させるともう後はズルズルと広がっていくに違いありません。
何としても再稼働させてはなりません。

 大手マスコミが報道しない被曝の実状をネットで知るたびに涙があふれます。
空も海も空気も大地もそしてミミズも昆虫も鳥もありとあらゆるものが放射能で汚染されました。高い放射線量の地域で、大人の放射能管理区域の基準以上の中で多くの子供たちが居続けさせられています。
 子供のみならず老若男女全ての人が安全な場所での生活が保障されるべきです。福島原発事故の悲劇を決して繰り返してはなりません。
 皆で知恵と力を合わせて再稼働阻止のみならず全原発を『廃炉』にするまで
頑張りましょう。

 傍聴の人数は200人と聞いていた。受付に置かれた傍聴予定者の申込者は数えたら150人程度だった。それも一般傍聴者よりも様々な電力会社などの関係者が圧倒的に多いと見受けられた。予定人数にも達していないのだから申し込みの確認の手間をかけても撥は当たらない。
 傍聴申し込み事務手続きは手を抜きすぎだ。公僕とは何たるかを知らない公
務員が多い事に憤りを覚えた。
 今回、申し込み者へ受け付け確認の連絡もしない経産省の怠慢は上から目線そのものだ。
 「九電の説明会などと同じ構図」がいまだに続いている。大地震が予想される中でも原発の再稼動に向けて突っ走る政府、経産省、東電など懲りない面々。被害者そっちのけで利権に突き進む国家の執拗な執着心が見えてきた。
 受付担当者には「誠実な態度で責任ある仕事をしてください」と話しテントで時間の許すまで座り込みをした。
(たんぽぽ・メルマガより)
posted by 新橋アクション at 10:25| 東京 ☀| Comment(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

たんぽぽ舎・メルマガより

東電の電気料金値上げなどとんでもない。大反対!! 
   電気料金の実態は真黒けの「黒塗り」 そのデタラメぶりを問う

               たんぽぽ舎・劣化ウラン研究会 山崎 久隆


 ◇値上げの本当のわけ

 原発が止まったために、その分、火力発電の燃料代がかかるというのだが、それは理屈としてもおかしい。
 もともと原発の電力供給力はフルパワーで全電力需要の4割程度、実質的には春先など半分ちかくは定期検査をしているから、2割程度になる。今回の震災のために火力で全電力をまかなうとしても、追加すべき発電量は1000万キロワットもない。原発の燃料だって年間2000億円はかかる。最近は稼働していない原発が多いからもっと少ないが、計算上はそのくらいは燃料費としてかかる。
 核燃料は製造や輸送に長時間かかるので、既に数年先まで発注されている。
すなわち使うあてのなくなった燃料がかなりの量あり、その分の支払いも迫っているというわけだ。これらも当然ながら費用に含まれる。火力のたき増しだけが費用では無い。
 ちなみに既に取得して核燃料サイクルにある燃料は「加工中等核燃料」というが、その金額は実に7300億円にも達している。もはや使うあての無い核燃料が7300億円分も余っているが、核物質防護上、簡単に売却するわけにもいかない。もちろん国内全部で余っているので他電力にも売れない。
 リードタイムの長い核燃料は、そのまま電力にとっては巨額の負担を強いる「爆弾」だったのだ。

 ◇原発を冷やすために原発が要る?
  −推定85万kwもの電力が原発冷却用に消費されている。さらに、とんでもない費用がある。それは原発の冷却用電力だ。
 柏崎刈羽が1機動いているので、まだ柏崎刈羽は「発電所」であることができるが、福島第一と第二はもはや「発電所」ではなく「受電所」である。
 燃料を冷やすための電力は東京電力管内の発電所から送られる。通常ならば止まっている原発の冷却と定期検査に必要な電力が送られていたのだが、今回はそれに加えて福島第一の破壊された原子炉の冷却や周辺の作業用電力などが加わった。その収支報告は、まだ見たことが無い。
 柏崎刈羽の最後の一機が止まれば、柏崎刈羽も同じ立場になり、東電は原発を冷やすために推定85万キロワットもの電力を火力などから送らざるを得なくなる。つまり私たちの節電は原発の冷却用電力に消えてしまったというわけだ。
 これら費用もまた、料金値上げで追加請求されることになるようだ。使う当てもなくなった原発の、補修費用も莫大に支出しようとしている。最低限危険を回避するためならば、使用済燃料プールに入っている燃料を冷やし続ければ良い。それ以外は全て取りやめれば費用はかなり節約できるが、多分間違いなく東電は再起動を前提とした補修などに莫大な費用を費やしている。配管の交換、弁の取替、様々な補修工事は全て被曝労働でもある。さらに津波対策の巨大防潮堤や設備の耐震性強化、過酷事故対策の追加費用に数千億円をかけるつもりだろう。全て1ワットも電気を生まなくなった無駄な原発のために、である。
 福島第一の原発震災にかかる損害賠償額は値上げ対象にならないだろうが、それも表向きの話で、料金収支明細書さえ出さない東電の言うことなど到底信用できない。

 ◇得意の「経営努力」とやらはどうしたのか?
  −反対の多いMOX燃料で750億円も浪費

 プルトニウムを混ぜた「MOX燃料」。価格は通常のウラン燃料の数倍になると見られている。仮に5倍としたら、1体あたり1億円以上も高い。それを110万キロワット原発に三分の一炉心分も入れると、それだけで250億円も余分にかかる。
 それを3機行えば合計750億円は余計にかかる計算となる。ところがプルトニウム燃料は性能が劣る。最近の高性能ウラン燃料は、濃縮度を上げてウラン235の濃度を高くすることで最大5サイクルもの間炉内に入れることが出来るようになっている。
 ところがプルトニウム燃料は、ウラン混合しているために安全性に問題があり、3サイクルしか入れることが出来ない。これだけで性能は5分の3、価格は5倍で能力が4割引などと、常識では考えられない買い物を電力はしている。すなわち「プルサーマル計画」というのは性能を落としたうえ危険なプルトニウム燃料を高額に買っているわけだ。こんなものは社会常識では「詐欺」である。
 その無駄遣いを東電は「経営努力で吸収する」とこれまで言ってきた。ならば火力のたき増しにかかる費用もその理屈から言えば当然「経営努力で吸収」すべきだろう。とてもそんな巨額の費用はまかなえないというのならば、出来る企業に発電設備を売却すべきだ。
 電力会社は公共企業体だ。法的に供給を義務づけられている。その反面、圧倒的な独占を認められてきた。だから電力料金は「限りなく透明に近いブルー」でなければならないのに、実態は真っ黒けの「黒塗り」だった。プルトニウムの価格もMOX燃料体の価格も原発ごとの収支パランスシートも何一つ情報は開示されず、単なる風評としての「原発が止まると電気が足りなくなる」キャンペーンを展開していたのだ。

 以後の予測
 高浜3号運転停止は2月20日
 柏崎刈羽6号運転停止は4月8日
 泊3号運転停止は4月下旬・・・脱原発社会完成
 ・・・しかし先行きは不透明
posted by 新橋アクション at 20:48| 東京 ☀| Comment(2) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

経済産業省前の実況

http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi5

 で、テント撤去命令が出ている経済産業省前
の様子が 実況されています。




[PR]ヒゲOK★せっけんで洗うダケ永久除毛
http://ck.freeml.com/rd.php?cidt58

【重要】差出人(From)がMLアドレスで
お困りの場合の設定変更について
http://ck.freeml.com/rd.php?cidq18

【MLの投稿】call7@freeml.com
【MLホームページ】http://www.freeml.com/call7

freeml byGMO
posted by 新橋アクション at 18:31| 東京 ☁| Comment(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

1月27日16〜18時 テント村へ

枝野経産相による経産省前テント撤去命令に対する抗議の嵐を!
   抗議のFAX、電話、メールを枝野経産相に送りつけよう!
   撤去命令抗議!テントを守り抜こう!
   1月27日(金) 午後4時〜6時 大抗議行動へ!

 昨日(1月24日)、枝野経産相がテントひろばに対し退去命令(1月27
日まで)を出しました。

 テントひろばが4ヶ月半も維持されてきたのは、全国や世界各地の方々が交
流し、情報を共有し、文字通り「反/脱原発のみんなのひろば」になっているからです。枝野経産相がすべきことは、テントの撤去ではなく、原発の停止・再稼働の停止です。
 テントは、原子力政策を全く顧みず、あまつさえ原発を再稼働させようとする経産省に対し、抗議のため、やむにやまれず建てられたものです。原発停止のために人々がつながろうとする事さえ許さない枝野経産相の撤去命令は決して承服することができません。
 今動かなければ、警備員や警察官を大量導入した実力行使も十分に考えられます。 ぜひ、枝野経産相と経済産業省に『テント撤去の中止を!』との抗議のFAX、電話、メールをしてください。よろしくお願い致します。

【経産省】
大臣官房 (TEL)03-3501-1609
広報   (FAX)03-3501-6942

【枝野幸男経産相】
[国会事務所]
(FAX)03-3591-2249 (TEL)03-3508-7448
[地元・大宮事務所]
(FAX)048-648-9125  (TEL)048-648-9124
(E-mail)omiya@edano.gr.jp
posted by 新橋アクション at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちばアクション 産廃問題で県庁に抗議!!

原発なくせ! ちばアクションより
 
 産廃搬入に抗議して、ちば県庁にビラまき、申し入れ
 山本太郎さんも駆けつけたという     1/26


http://blog.goo.ne.jp/chiba20110507
放射性物質の埋立の問題点の整理

この産廃場に搬入される廃棄物は、最近は県内汚泥が全搬入量の半分ぐらいを占める。

問題は、環境省が「埋め立てをしてよい」とする8000ベクレル/kgの基準値をそのまま使ったこと。
山形県や横浜市の場合は、自主的基準値を設定したので、もっと低い。
新潟県や広島県、神奈川県は、原子炉等規制法で定めている放射性廃棄物かどうかを区別するクリアランスレベルの100ベクレル/kg基準以上は認めてない。

環境省がこの基準値を設けたのが2011年5月。
それ以前の放射能ごみは最高2万ベクレルぐらいあるはずなのだが、ノーチェックでそのまま埋めたようだ。

廃棄物に含まれる放射能の総量規制がないため、8000bq/kgの基準さえクリアできれば何トン埋め立ててもいい。

処分場の地下に敷いてある遮水シート(たった1.5ミリ)は10年補償、期待寿命は50年。だいたい15年ぐらい持つだろうというのが一般的な見方。セシウムの半減期にもたりない。だいたい無害になる(100ベクレル/kg)には200年かかる。

排水処理装置はセシウムを想定していない。群馬の伊勢崎にある処分場では、排水から基準値以上の放射性物質が検出された。

即日覆土(毎日、埋め立てたごみに土をかける)か最終覆土か(何か月かかかって埋め立てが終わってから土をかける)。即日覆土じゃないと、風が吹いたら舞い上がる。

埋め立て終了後も、産廃に雨が降れば汚水が出るので、これを浄化して放流しなければいけない。20年間の水処理費用はおよそ10億円、これは県の積み立て維持管理積立金に積み立てている。万が一、遮水シートに穴が開いてしまった時には、修復手当をする(一か所1000万円ぐらい見込む)。メンテナンス用に積み立てた財源を超える環境汚染が発生したらどうするのか?

大地震や大規模な土砂崩れなどで、大量の放射性物質が川に流れたら取り返しのつかないことになる





1月26日午前11時より千葉県庁に申しいれ。当日、山本太郎さんも県庁行動に駆けつけてくれる予定
posted by 新橋アクション at 16:32| 東京 ☁| Comment(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。