2012年10月13日

1013 さようなら原発集会 

1013-3.jpg


1013-4.jpg


1013-1.jpg


http://www.asahi.com/national/update/1013/TKY201210130336.html
大江さん「内閣、世論を侮辱」 日比谷で脱原発集会 朝日
脱原発を掲げる市民集会「さようなら原発集会」が13日、東京・日比谷公園であり、約6500人(主催者発表)が集まった。大間原発(青森県大間町)の建設が1日に再開されたことへの反対表明が狙い。

 呼びかけ人の一人、作家の大江健三郎さん(77)は「内閣も、次を担おうとしている政党も、明らかに原発を続けていこうとする人たち。世論に対する侮辱だ」と訴え、「そこになかった道を作っていくことが反原発の行進であって、それが私たちの希望を作ることになる」と脱原発へ向けた粘り強い活動を呼びかけた。

 高橋哲哉・東京大学教授は「今こそ経済よりも命と尊厳を優先する国に変えていかなければいけない」と力を込めた。

 集会後、参加者たちは、東京電力本社前などを行進した。

 10/13 北海道の集会
1013-2.jpg


 http://twitpic.com/photos/satoshi_keisuke『さようなら原発北海道一万人集会』1012.10/13 主催者発表によると一万二千人超え。上田札幌市長、雨宮処凛さん倉本さんらがスピーチ。アピールは「泊原発の再稼働させない」「大間原発の建設中止」「北海道幌延町の高レベル(深地層)廃棄物処分の見直し」「子ども達を放射能から守る」
posted by 新橋アクション at 22:47| 東京 ☁| Comment(0) | 集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

10/13 さよなら原発 日比谷集会

1527d3177413ed3c9d1e5def3712546c.jpg
posted by 新橋アクション at 22:40| 東京 ☀| Comment(0) | 集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/10 大間原発建設再開に抗議する!! 申し入れ書を公開!!!

 参考までに。明日、Jパワーへの大間原発建設再開反対の申し入れ書です。

電源開発(株)
代表取締社長 北村雅良 殿
東京中部・労働組合交流センター


大間原子力発電所の建設再開中止を求める申し入れ

 報道によれば、10月1日、貴社・北村社長は大間原発の工事再開を地元自治体などに伝えました。工事再開に対し、北海道議会が全会一致で抗議を決議したのを見てもわかるように、圧倒的な世論は、原発の新設に反対しています。これらの民意を真っ向から踏みにじる工事再開を私たちは絶対に許せません!断固抗議します。

 核は制御できるものでないことは、福島第一原発やチェルノブイリ原発、スリーマイル島原発などの大事故が何よりの証拠です。しかも、フルMOX燃料の大間原発は、核反応度の制御の困難さ、燃料の溶融温度の低下、処理不可能な“死の灰”の増大など、普通の原発に比べ深刻な問題点が山積みです。全炉心でMOX燃料を燃やす原発は、世界のどこにも例がないといいます。実験も実証もせず、いきなり138万キロワットの世界最大級の実用炉(商業炉)で、プルトニウムがぎっしり詰まったフルMOX燃料を燃やそうとすることなど、無謀以外のなにものでありません。さらに、大間原発の建屋の直下に活断層がある可能性を専門家は指摘しています。津軽海峡の大活断層と連動して動けば、巨大事故は必至です。大量のプルトニウム・“死の灰”が真っ先に大間町民と隣接村民、函館市民を襲います。

 福島第一原発の事故によって地元福島のみならず、東日本はすでに甚大な被害を受けています。このうえ、大間原発が大事故を起こせば、被害は日本にとどまらず北東アジア一帯が壊滅的な被害を受けるに違いありません。この問題は電源開発という一企業や大間町、青森県はもちろん、日本一国が責任をとればすむという問題でもないのです。工事再開に対し、地元民・周辺自治体の多くが反対の声をあげています。工事再開を即刻取り消してください!

 そもそも、原子力発電はウラン採掘から燃料製造、発電、運転・検査、放射性廃棄物の処理に至るまで、そこで働く労働者の被曝労働なしには成り立たちません。幾重もの下請労働と、健康被害の徹底した隠蔽は、労働問題そのものあり、労働運動を担うものとしても見過ごすことはできません。農業、水産業など第一次産業に従事する労働者にとっては原子力産業は、永遠に巨大なリスクであり、ひとたび大事故が起これば壊滅的な被害を受けることとなります。このようなだれも幸福にしない、反労働者的、反社会的な産業は、一刻も早くやめるべきです。それによって生じる雇用問題、自治体の財政問題などは、関連産業や国が責任をもって解決するべきです。

 貴社・電源開発に対し大間原子力発電所の建設再開をただちに中止することを強く申し入れます。

img017.jpg


 *中部労組交流センターには、新橋アクションの仲間が多く集っています。
posted by 新橋アクション at 22:25| 東京 ☀| Comment(0) | 集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日 大間原発建設開始 反対でJパワーに抗議!!!!!!

 抗議文を作って参加してください!
img017.jpg

↑拡大すると地図が出てきます。

 10月10日(水)16:30〜
posted by 新橋アクション at 14:59| 東京 ☁| Comment(0) | 集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

【転載】10.1 ふくしま集団疎開裁判報告 たんぽぽメルマガより

 ふくしま集団疎開裁判10.1仙台アクションに参加して
 │  - 子供たちを直ちに避難させろ -
 └────(さよなら原発みなと 栄木忠良)

 郡山の小・中学生14名が郡山市に対して避難を求める裁判を起こしました。福島地裁郡山支部は放射能の危険基準は100ミリシーベルト/年という説を持ち出して、不当にも避難を認めませんでした。
 この裁判を通して子供たちを疎開・避難させる大きな社会運動を巻き起こす必要があります。郡山市の大半はウクライナ等では強制移住地域か移住勧告地域に該当します。また福島の子供たちの43%が甲状腺にしこりやのう胞があります。一刻の猶予もありません。
 仙台高裁の審理がある10月1日に東京からバスをチャーターして支援に行くことになりました。平日で6時半集合、そして台風の襲来予想も重なり、厳しい条件でしたが35人が集まり仙台に向かいました。会場の勾当台公園には200人近い人が集まり、志賀原発の差止め判決を出した元判事の井戸弁護士や武藤類子さんなどの訴えがあり、また肉離れを起こした山本太郎さんは車いすで駆けつけました。
 集会後は地元仙台、福島、そして東京のグループが一緒になり高裁近くの肴町公園までデモ行進しましたが、街の中心の商店街を通り、また警官もほとんどいなく解放感あふれるデモとなりました。裁判に向かう弁護士や傍聴の人を拍手で見送った後は、仙台メディアテークで交流会が開かれました。一部の人は残りましたが、東京グループの大半はバスの都合で途中で退席することになり、拍手で送られながら帰途に着きました。
 その後入った裁判の状況は不当な一審判決が覆る可能性もあるとの事でした。むろん予断は許せません。
 今回の仙台行ではテント広場に大変お世話になりました。ご支援ご協力に御礼申し上げます。

 疎開裁判グループは毎週金曜日に午後5時から文科省前、午後7時半ごろ から財務省上で集会を開いています。ご参加ください。

・ふくしま集団疎開裁判のブログ http://fukusima-sokai.blogspot.com/
・地裁(一審)で出された「却下」判決
 http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/111216decision.pdf
・裁判所に提出された書面一覧
http://song-deborah.com/copyright/Japaninfrige/Fukushima-sokai-case.htm
・裁判の争点一覧 http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/110918summary.htm

*新橋アクションは、明日も経産省テント前、17:30に集まって文科省行動そして首相官邸前に行きます。みなさんご一緒に!!!
posted by 新橋アクション at 21:16| 東京 🌁| Comment(0) | 集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。